上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回続き

貴金属ジュエリーリサイクルシステム「RE:TANAKA(リ・タナカ)」を展開する田中貴金属工業は30日、「第2回リサイクルに関する意識調査」の結果を発表した。調査期間は4月24日~26日で、インターネットにより全国の20代、30代、40代の男女510名から回答を得た。

“今後のリサイクル意向”を聞いたところ、“現在、リサイクルを実践している”との回答から伸び率が高かったのは、「家具」「車・バイク」「貴金属・ジュエリー」などで、約2.5倍となった。“現在、リサイクルを実践しているもの”という項目では上位に挙がらなかったものでも、リサイクルの対象として注目と関心が集まっている。

なんか、とりあえず、何でもお金になればいいかなというのが見えてくるようだ。

PR:リサイクルショップ 東京
今後のリサイクル、注目は「家具」「車・バイク」「貴金属・ジュエリー」

貴金属ジュエリーリサイクルシステム「RE:TANAKA(リ・タナカ)」を展開する田中貴金属工業は30日、「第2回リサイクルに関する意識調査」の結果を発表した。調査期間は4月24日~26日で、インターネットにより全国の20代、30代、40代の男女510名から回答を得た。

まず、“現在、リサイクルを実践しているもの”を尋ねたところ、1位「ペットボトル(76.5%)」、2位「缶・ビン(69.2%)」、3位「紙類(47.8%)」という結果になった。以下「書籍(27.8%)」「衣類(21.2%)」「家電(18.2%)」と続き、“古本チェーン”“古着屋”“フリーマーケット”“インターネットオークション”などが活用されている模様だ。

なるほど、なるほど。
逆に、まだリサイクルされていないジャンルにこそ、チャンスがあるってことね。

PR:リサイクルショップ アシスト
ゴミ回収で出てきた不用品。
“あおり”マーケティングを使って処分。

 代表例はネットオークション。本来はセリで高値になり、胴元がもうかるはずだが、いつの間にかヤフオクは相場価格で売買される“不用品売買市場”になった。あおられない賢い消費者が見えてくる。

 余談だがネット上に“ジャパネットたかた”みたいなビジネスモデルがあればウケると思う。「こんなに安くていいんですか!」「これもあれもつけてどうだ!」という“セリ売り”の仕掛けを、単なる動画じゃなくてクリックするたびに増えるとか、ダイナミックに構築できないのだろうか?

PR:ゴミ回収 大阪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。