上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【過去の回収とそのストーリー】

case3.一人暮らしの女性の引越し
(内容の一部は個人情報保護のため、若干変更していることがあります)

ご依頼者は、60代女性。場所は、大阪某所の団地で、エレベーターなし。

お電話でご依頼。回収品目を確認し回収日時を決めたあと、お客様から、
「5階に部屋があるのですが、エレベーターがないんです。なにせ古い団地なもので。。。」
「わかりました。エレベーター付きの場合の回収より、
若干料金が上がりますが、2名にて回収させていただきますね。1名分は人件費無料です。
人件費のご負担は1名分となりますので、よろしくお願いします。」
当社の人件費負担を説明し、ご了承いただきました。


お一人暮らしの女性のご依頼の場合、ご本人では処分できない大きな家具、
ベッド・冷蔵庫・洗濯機などの大きな品を処分依頼されることが多いのです。

このご依頼も、まさしくそういう部類のご依頼でした。

ただ違うのは、5階の階段での回収ということ。
これは、男性二人での作業とはいえ正直しんどいです。
そして、古い団地なので階段もせまい。
エレベーターがないため、すべて手運び。
この案件では特に不用品は大きなものが多く大変ではありました。
そして実感したこと、
このご依頼の不用品はまったく女性が一人で運べる量ではないということ。

でも、このようなケースだからこそ、私たちが必要なのです。

地方自治体のごみ処分は家の外までゴミを持ち出す必要がありますが、
このような案件の場合、
運び出すこと自体が難しく、自治体のサービスは利用できないことも多々あります。

結局この回収では、
大きな不用品6点(ベッド、ソファー、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコン)と、
古本・雑誌などの古紙、袋に入ったこまかなゴミを回収しました。

エレベーターがなく階段などで、不用品や粗大ゴミを処分できない!
そんなことがありましたら、お気軽にご相談ください。



お願いしてよかった!イメージ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。