上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
半年以内に葬式をした。
相当な近親者の。
その気持ちを代弁してくれた。

身内の葬儀を経験して、果たして故人は、このような葬式を望んでいただろうか、と思った。特に疑問を感じたのが「戒名」という奇妙なシステムである。○○院○○○○大姉(または、居士)。この6個の○の中に入れる漢字を決めることに100万円を払う価値があるとは、到底思えない。──実際のところ、そんな素朴な疑問は、至極真っ当なものだった。本書は、そう思う人が理論武装するための、目からウロコの本である。

この程度のものならば、自分でも考えられるではないか?その通り。なぜなら、戒名の付け方に決まりなんかないのだ。戒名は、仏教の教えとは無関係なのである。僧侶は、戒名の付け方マニュアルに従っているだけであり、なんと戒名を付けるためのパソコンソフトまであるという。こんなものに、なんの有り難みもない。(そもそも、酒を飲み妻帯し、破戒の道をたどる日本の坊さんに、「戒名」を授ける資格はない。)

「葬式仏教」と揶揄される通り、日本の仏教界は、堕落し切っている。世の中にこれだけ苦しんでいる人がいるのに、それを救う力になれない現代日本の仏教は、宗教として無力である。現代日本において、高額な戒名料を取らない限りお寺の経営が成り立たないとしても、世俗にまみれた幾多のナマクラ坊主を養っておく必要なんかないのだ。もちろん、尊敬に値する高僧もいるだろうが。

-----

非常に、その党利だとおもうのです。

この遺品整理などに関するブログもそう思わせてくれましたね。
Secret

TrackBackURL
→http://kosikaisyu.blog33.fc2.com/tb.php/197-d84b147f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。