上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エコ、リサイクルなどの最新情報を独自の観点でまとめます。

・パナ、シャープ、ソニー“赤字地獄” 売り切り型ビジネスの限界

パナソニック7800億円、シャープ2900億円、ソニー2200億円-。大手電機3社が平成24年3月期に巨額の最終赤字に転落する。惨憺(さんたん)たるありさまである。

 そして3社ともそろってトップが交代し、新体制での再起を図る。理由はどうあれ、現社長の“引責辞任”の色は消せない。

 これに対し、日立製作所2800億円、三菱電機1千億円、東芝650億円-。こちらの大手3社は黒字の見込みで、堅調さが目立つ。赤字3社とは対照的だ。日立にいたっては過去最高利益である。

 この違いは何なのか。赤字3社がいわゆる弱電系であるのに対し、黒字3社は重電系で、社会インフラを事業として有している。明暗が分かれた理由の1つはここにありそうである。

 平たく言えば、弱電系の製品は“売り切り型”である。売ってしまえば、それで終わりだ。一方、インフラ系の製品は販売後、「メンテナンス」というビジネスがくっついてくる。つまり、売った後も稼げるのだ。・・・

------------------

売り切り型の制反対が、循環型といえるのでしょうか?
高度成長時代は、恐らく考える必要がなかった、
製品のその後。
今は、そこを大事にすることが成功のカギを握る時代です。
成長が止まった今、1回転では限界があります。
そこから、2回転、3回転をさせるリサイクルや、
環境ビジネスこそ、新しい可能性秘めると思います。

PR不用品回収 大阪
Secret

TrackBackURL
→http://kosikaisyu.blog33.fc2.com/tb.php/161-bbb0f9cc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。