上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前、引っ越しをする際にマンガやゲームソフト類が多く、荷物になってしまうので良い機会かと思い、とあるネットの買い取りサービスに売りに出すことにしました。古本買取 札幌と検索したら出てきた古本屋さんです。
私は本やマンガ類は、表紙に傷や指紋も極力つけたくないので大切に保存しており、状態は新品同様に保っていました。シリーズは全巻そろえていますので、売りに出す時も全巻そろっている状態で出しました。マンガと小説、全部合わせて100から150冊くらい査定に出したと思います。
ゲームソフト類も同様で、その時は5、6本出したと思います。
査定結果は10日ほどで来ましたが、結果を見て驚きました。
初音ミクのPSP用ゲームソフトがおよそ2300円くらい。戦国BASARAの(その時)最新だったPS3のゲームソフトが1000円くらい。
残りのゲームソフト、小説、マンガ類はすべて0円ということでした。
それぞれ全巻完璧にそろっていましたから、せめて1セット100から500円くらいにはなるんじゃないかと思っていたので、まさかまったくの無価値判定だとは予想だにしない結果でした。
よく、状態やセットのほうが高値がつくなんて聞きますが、意外とそうでもないのだなとその時思いました。
数年前、地元唯一の古本屋に同様にマンガをセットで売りに行ったこともありました。その時は1セット42冊くらいで、1冊50円の2100円になりました。
それを考えると、無価値というのは本当に驚きで、今後ネットでの買い取りサービスの利用は考えものかもしれないと今は感じています。
その時はあちこちに売り歩くのが面倒だったのでゲームもマンガもまとめて売ってしまいましたが、値段がついたゲームソフトもゲームショップでの中古買い取りに出せば、500円は上乗せした値段になるようですし、場所を選んで売ることも必要かと思います。
まあ、初音ミクのゲームソフトに関しては中古で3500円くらいで買ったものでしたから、これに関しては上記くらいの値段になったのは非常に満足しております。
セットかどうか、状態がどうかというよりも、今現在その商品にどれほど需要があるのかが一番肝心な点だあろうと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。