上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「照明メーカー「エコリカ」の蛍光灯型LED」

今、照明の話題で「LED」(発光ダイオード)という言葉に関心のない人は、まずいない。
東日本大震災以後、節電意識の高まりで、LED市場は急成長し、
省エネ性に優れた照明として生活に密着し始めている。
それだけに業界内では価格面と品質面で激しい競争を繰り広げて、各メーカーが生産・販売面でしのぎを削っている。

 こうしたLEDの市場競争下で、品質を向上させた新商品を生み出したり、
海外との提携で価格競争力をアップさせるなど果敢に挑戦するメーカーがある。
照明メーカー「エコリカ」(大阪市浪速区)は、今年3月末から蛍光灯型LEDの新商品の販売を量販店などで始めた。

 従来の蛍光灯と比べ約10倍の長寿命で、
消費電力も約40%削減でき、蛍光灯の交換を大幅に減らせる優れものだ。
同社は「低消費電力や、最高水準の演色性(ものの見え方の指標)を併せ持った
業界トップクラスの直管形LED照明」(広報担当者)と自信を見せる。
さらに、既存の器具をそのまま使用して導入コストを大幅に抑えることができる仕組みで、
紫外線など人体に有害な波長がほとんど発生しない。
また、有害物質を含まずリサイクルが可能な材質を使用し、
性能だけでなく構造そのものも環境に優しい商品となっている。

-------------------

エコであることや、エネルギーをなるべく使わない商品が大切になりつつある。
商品を発売するとき、そして消費者が買うときに、
その性能、見た目以外にも、エコかどうか、エネルギーの消費量は少ないかなど、
新しい指標が重要になっている。
この方向性を進めることについは疑問がないのなら、
その方向にこそ進むべきと思うのは、自分だけなのだろうか?

PR:不用品回収 大阪
スポンサーサイト
エコやリサイクル関連の情報まとめの記事です。

-ニュースより-
震災がれき処理問題で、市民団体などが26日、鈴木英敬知事に対し、
がれきを受け入れないよう求める要望書を提出した。
団体は、福島県の母子を伊勢志摩に招く活動をしている
伊勢市の「ふくしまいせしまの会」(上野正美代表)と同会に賛同する11団体。
県廃棄物・リサイクル課に提出した要望書で「何百万トンものがれきの放射能を正確に測ることができるのか。
がれきを受け入れる予算があるなら、福島の人たちを県内に受け入れて」と主張している。

--------------------

上記の記事は、震災がれきを三重が受け入れるという話についてだけど、
この震災がれきは相当に大きな問題だと思うし、これから現代社会の生活の
便利さや恩恵を受ける人たちみんなで受け入れ、考えていかないといけない問題だと感じる。
環境問題、リサイクルの問題というより、むしろ現代社会自体の大きな問題であると思う。

PR:不用品回収 大阪
リサイクル関連の情報まとめをお送りましす。

-ニュースより-
15年ほど前、いくつかの製紙工場を見学させていただく機会に恵まれました。
再生紙の作り方に関心があったので、とても面白く興味深く拝見しました。

工場によって機械や工程が微妙に違うこともあるのですが、
どこの工場でも問題になるのは「異物混入」でした。
再生紙を作る際の異物混入というと、
多くの方がホチキスの針を思い浮かべます。
が、当時見学した工場ではどこも「再生紙は原料の古紙を大きなプールでドロドロに溶かし、
そのとき針などの金属類は下に沈むので取り出しやすいんです」と教えてくれました。

しかし、当時ネット上を検索すると、ホチキスの針ははずして出してくださいという記事が多く目に付きました。
工場の機械によっては針はダメ、というところもあったのかもしれません。
05年あたりから針付きでも大丈夫、という記事もチラホラ見かけるようになりましたが、
それでも「付いてないにこしたことはない」という記事も混在していました。
うーん、何が一番いいのか、私はちょっと悩み続けていたのです。

しかし13日、ヨミウリ・オンライン「新・おとな総研」に
「古紙回収、ホチキス付きでOK」という記事が掲載されました!
おお、これで「針をはずさなくてもいいんですよ」と言えますね!!
-------------------------------

リサイクルは、資源の循環です。
紙に限らず、使われなくなった製品から原料を取り出す際に、
機会を通したり、人の手により仕訳が行われます。
その手間を経て、リサイクルは成立します。

PR:不用品回収 大阪

下のメールフォームにご記入いただくだけで、不用品回収の見積もりが完了いたします。
  是非、ご利用ください。  

  ※見積内容記入後、下の「内容確認画面へ」をクリックしたら、
    上にスクロールしてください。

  ※カンタン見積もりはパソコンでしかご利用できませんので、ご了承お願いいたします。



【PR:古紙回収大阪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。