上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ノマド」という働き方が一部で注目を浴びている。特定の事務所や席を持たず、カフェやファミレス、取引先のオープンスペースなどを使いながら、まるで遊牧民(ノマド)のように転々とするスタイルだ。

ノートPCやスマートフォンなどのモバイルツール、Wi-Fi環境の充実により、決まったデスクがなくとも仕事ができる環境が整うようになったことを背景に、その数を増やしている「ノマドワーカー」。つい数年前に注目されたSOHO(ソーホー/小さな事務所や家で仕事をするスタイル)をも「古めかしい」(本田直之著『ノマドライフ』〈朝日新聞出版〉より)と切り捨てる最先端ワーカーの実態を追った。

知り合いにも、こういう方をつかっているリサイクルショップがある。

PR;不用品回収 大阪
スポンサーサイト
前回続き

貴金属ジュエリーリサイクルシステム「RE:TANAKA(リ・タナカ)」を展開する田中貴金属工業は30日、「第2回リサイクルに関する意識調査」の結果を発表した。調査期間は4月24日~26日で、インターネットにより全国の20代、30代、40代の男女510名から回答を得た。

“今後のリサイクル意向”を聞いたところ、“現在、リサイクルを実践している”との回答から伸び率が高かったのは、「家具」「車・バイク」「貴金属・ジュエリー」などで、約2.5倍となった。“現在、リサイクルを実践しているもの”という項目では上位に挙がらなかったものでも、リサイクルの対象として注目と関心が集まっている。

なんか、とりあえず、何でもお金になればいいかなというのが見えてくるようだ。

PR:リサイクルショップ 東京
今後のリサイクル、注目は「家具」「車・バイク」「貴金属・ジュエリー」

貴金属ジュエリーリサイクルシステム「RE:TANAKA(リ・タナカ)」を展開する田中貴金属工業は30日、「第2回リサイクルに関する意識調査」の結果を発表した。調査期間は4月24日~26日で、インターネットにより全国の20代、30代、40代の男女510名から回答を得た。

まず、“現在、リサイクルを実践しているもの”を尋ねたところ、1位「ペットボトル(76.5%)」、2位「缶・ビン(69.2%)」、3位「紙類(47.8%)」という結果になった。以下「書籍(27.8%)」「衣類(21.2%)」「家電(18.2%)」と続き、“古本チェーン”“古着屋”“フリーマーケット”“インターネットオークション”などが活用されている模様だ。

なるほど、なるほど。
逆に、まだリサイクルされていないジャンルにこそ、チャンスがあるってことね。

PR:リサイクルショップ アシスト
ゴミ回収で出てきた不用品。
“あおり”マーケティングを使って処分。

 代表例はネットオークション。本来はセリで高値になり、胴元がもうかるはずだが、いつの間にかヤフオクは相場価格で売買される“不用品売買市場”になった。あおられない賢い消費者が見えてくる。

 余談だがネット上に“ジャパネットたかた”みたいなビジネスモデルがあればウケると思う。「こんなに安くていいんですか!」「これもあれもつけてどうだ!」という“セリ売り”の仕掛けを、単なる動画じゃなくてクリックするたびに増えるとか、ダイナミックに構築できないのだろうか?

PR:ゴミ回収 大阪
・不用品回収コラム|被災地の除染ゴミ問題

 被災地復興で大きな障害となっているのが「震災ガレキ」の処分問題だ。東日本大震災によって、宮城県では平成21年度の年間処理量の約19年分、岩手県では同約11年分のガレキが発生した。とても被災地内で処理し切れる量ではないため、被災地外の協力が必要不可欠だが、多くの自治体で「受け入れ拒否」されている。

 そして、実はガレキ以上に先が見えないのが、除染によって生まれる放射性廃棄物、いわゆる「除染ゴミ」の処分だ。今、福島では警戒区域と計画的避難区域は国が除染を実施。それ以外で被曝線量が年1マイクロシーベルトから20マイクロシーベルトの地域については市町村が除染計画を策定し、除染を進めている。

 だが、現場では復興を妨げる想定外の事態が続出していた。福島市大波地区で除染作業を行なう業者の現場監督がこう話す。

「この地区では昨年中に約400戸の除染を完了させる計画でしたが、除染の前に除雪が必要で大幅に作業が遅れている。現時点(2月中旬)でまだ半分も終わってない」

このゴミ問題が終わらないと、基本的に震災が本当の意味で片づけはじめったとは言い難い。
もう、大阪の不要品どころの話ではないが、それでも心配してしまうな。

PR:不用品回収 大阪ゴミ回収 大阪 
ネット広告と、不用品回収、リサイクル。それは切り離せないものになってきている。

日本だけで1000万人が泳ぐFacebook、その2011年の収入源は広告が9割、仮想通貨「Facebook Credits」が1割である。仮想通貨とは参加者同士のやり取りで使われるお金、そのやり取りの手数料収入である。これが増えるという期待、参加者が喜び主宰者のFacebookも儲かるところに「50億ドル(約4000万円)」という莫大な株式公開価値がつけられている。

PR:不用品回収 大阪
・不用品回収コラム|エコのためにできること

環境への関心が高まる中、注目されているのが「エコ家電」。消費電力が大幅に削減されたエアコン、節水タイプの洗濯乾燥機、繰り返し使える乾電池など、環境に配慮した機能が備わった製品が続々登場。

 さて、そんな「エコ家電」の中で、気になる製品について調査を行ったところ、圧倒的1位を獲得したのが《エネループ》でした。《エネループ》とはサンヨーが開発した充電式乾電池。約1000回も繰り返し使うことが可能で、使用済み電池のゴミが削減できるのが特徴。リモコン、シェーバー、携帯音楽プレーヤー、時計、デジタルスケールなど日常生活の中で乾電池の出番は意外と多いものですが、これなら買い置きがなくなり困るという心配もありませんね。なお、白いボディに青のロゴがスタイリッシュなこちら、2006年、2007年のGOOD DESIGN賞を受賞しています。
2012.05.14 会社概要

【会社名】
『ゴミ回収ネット』 代表:清水 邦夫

【住所】
事務所:尼崎市次屋3-8-22

【お客様センター電話番号】
06-6494-5370

営業ポリシー
私達のHPをご覧いただきありがとうございます。
このページでは簡単ですが、私達の方針を書かせていただきたいと思います。

現代日本は循環型社会を目指していると言われています。
確かに使い捨て、大量消費が当たり前だった時代は終わりを告げたように感じます。
環境、エコ、リサイクルなどのキーワードも、
まったく関わりのない事ではなくなってきたようです。
身近なモノではスーパーでの牛乳パック回収のように、
資源のリサイクルも日常的になってきました。
「もったいない」も「MOTTAINAI」として世界の言葉になりました。

ですが、大阪のような大きな都市では、
日々の生活に忙殺され、
「もったいない」と思いつつ、
資源のリサイクルの方法が分からなかったり、
不用品の適切な処理の仕方が分からなかったりで、
不必要なゴミを大量に出しがちになってしまいます。

私達は不用品・粗大ゴミの回収・処理を通じて、
大阪の美化、リサイクルの推進、資源の循環促進を目指し、
日々営業しております。

私達は若輩者ではありますが、
21世紀の産業の中でも重要な部分を占めるであろう環境ビジネスで、
社会貢献取り組んで参ります。

今後とも、「ゴミ回収ネット」をよろしくお願いいたします。

スタッフ一同
不用品回収コラム|エコのためなどうでもいいこと2

《書店の無料のブックカバー》は書店で本を購入したときにサービスでつけてくれることの多いものですが、外してしまえばただの紙ごみに。最近は様々なデザインや素材のブックカバーが売っているので、 マイバッグと同じ感覚でマイブックカバーを持ち書店の店員さんに「ブックカバーはつけなくていいです」と言えれば、ちょっといいことをした気分になれそうですね。ブックカバーと僅差で2位に入った《自宅用商品の包装》や《職場や学校での飲料用サーバの紙コップ》も、ごみを減らすために個人レベルでできるエコ・アクションです。環境省のデータによると、平成19年度の生活系ごみの年間排出量は約3,570万トン。ここ数年は減少傾向にあるものの、一人ひとりがごみを出さないことへの意識を高めることでまだまだ減らす余地はありそうですね。このほか、《繁華街のイルミネーション》や《マンガ喫茶の深夜営業》、《飲食店の深夜営業》など、夜間帯を中心としたサービスもエコのためならなくなることに肯定的な意見が10位以内に多数ランク・インしました。
不用品回収コラム|エコのためならなくなってもいいと思うこと1

日常生活にもすっかり定着した感のある「エコ」という言葉。“Ecology(エコロジー)”という単語の略で、「環境」や環境にかかわる事象、活動などの意味合いを持つ「エコ」の概念は、今や私たちのライフスタイルにまで広がっています。環境破壊を抑止するために身近なところでできるエコ活動のひとつが、自分の身の回りでいらないと思うものに「NO」を言うこと。今回のランキング調査で、多くの人が《書店の無料のブックカバー》に「NO」を言う意思のあることがわかりました。
・古紙回収関連一言ブログ|札幌のクールビズもう開始

札幌市は10日、職員がノーネクタイや上着なしの軽装で仕事をする「クールビズ」を始めた。

 北海道電力泊原子力発電所の運転再開の見通しが立たず、今夏の電力不足が予想される中、節電意識を高めようと昨年より10日前倒ししての開始だが、この日の予想最高気温は16度。肌寒ささえ感じる気温に、コートを羽織って出勤する職員もいる中でのクールビズ初日となった。

 庁内では、半袖ポロシャツの職員もいたが、セーターやカーディガンが手放せない職員も。市環境対策課の職員(27)は「朝は寒いので1枚羽織るものを用意してこなきゃ」。札幌管区気象台によると、同市の最高気温は週明けまでは20度未満が続く見込み。大江節雄・市環境共生推進担当課長は「寒い中のスタートになったが、早めの行動で夏に向けて節電意識を高めたい」と話していた。

今日の大阪は寒かった。
たぶん、札幌はもっと寒いだろう。クールビズはちょっと寒いだろう。

PR:古紙回収 千葉
・回収ネットの不用品回収ネットコラム|質問なるほドリより「日本で貧困が増えているって?」

記者 二つの物差しがあります。絶対的貧困と相対的貧困です。アフリカの貧しい国に対し「1日の所得が1ドル未満」という表現が使われますが、これが絶対的貧困。生きるための最低水準を満たせない状態を指します。これに対し、相対的貧困は同じ国に住む人の収入を比べる物差しで、日本国内でいう貧困はこちらのことです。国民の可処分所得(かしょぶんしょとく)(収入のうち実際に使えるお金)に上から順位を付けて、真ん中の人の半分に満たない人の状態を貧困と言っています。

 Q 日本の貧困の割合はどれぐらい?

 A 統計を取り始めた85年は可処分所得が108万円未満の人が貧困とされ、12%でした。最新の09年は112万円未満ですが、過去最高の16%に増えています。

 Q 貧困が増えていくと……。

A 社会不安が広がり、生活保護を受ける人も増えます。厚生労働省(こうせいろうどうしょう)によると、受給者は00年度には107万人(12カ月の平均)でしたが、今年1月には約209万人に増え、過去最多を更新しました。生活保護の申請理由も、失業や事業の倒産、収入の減少などが増えていて、長引く経済の低迷が貧困を拡大させています。受給者は全世代で増えていますが、目立つのは働き盛りの年代です。00年に18万人だった20~49歳は09年には約30万人を超えました。生活保護費の支給総額も09年に3兆円を突破しています。

 Q 最近よく報道される「孤立死(こりつし)」の問題も、貧困と関係していると聞くけれど。

 A 1人暮らしのお年寄りが自宅で亡くなる例は、これまでもありましたが、今年に入って、家族と一緒に病死や餓死(がし)する事例が相次ぎました。多くが、経済的に追い込まれていたようです。世界有数の経済大国になった日本で、親を支える子供が困窮(こんきゅう)し、高齢の親と共倒れするということが起きているのです。

 Q どうすれば貧困を減らせるんだろう。

 A 最も重要なのは、長引く不況を終わらせ、雇用環境を良くすることです。孤立死など悲惨な事態を防ぐには、お年寄りや経済的に困難な人を見守り、孤立させないような地域社会を作ることも大切です。


。。。長引く不況。この認識が違うと思う。
正直、子供の時から景気がいいとか、聞いたことないからね。
これが、正常。この中でやっていくための方法論を考えるのが大切なんじゃない?


PR:不用品回収 大阪
・不用品回収コラム|GW後半2日目 夕方になりUターンの混雑始まる

ゴールデンウイーク後半2日目の4日は、夕方になりUターンの混雑が始まっている。
日本道路交通情報センターによると、すでにUターンの混雑が始まっており、今後はいずれも上りで、午後6時をピークに中央道小仏トンネル付近で30km、また、午後7時をピークに関越道高坂サービスエリア付近で45km、東名高速大和トンネル付近で30kmの渋滞が予想されている。

不用品回収は、週末、月末、年末、年度末が忙しいわけですが、
こういう連休末も忙しくなりまsう。
ということで、不用品回収のご利用がある場合、
早めのご連絡が賢明です。

PR:不用品回収 大阪
・古紙回収もする不用品屋コラム|廃棄船のリサイクル

 新居浜市黒島1の黒島ふ頭に接岸している元青函連絡船「羊蹄丸(ようていまる)」の一般公開(実行委員会主催、毎日新聞松山支局など後援)が27日、始まった。

 羊蹄丸は65年から88年まで青函連絡船として就航。廃棄船のリサイクルなどを検討する「えひめシップリサイクル研究会」が7月から解体する予定だが、その前に多くの人に見てもらおうと、市と新居浜高専などで作る実行委員会が公開した。全長132メートル、幅17・9メートルの船体内部を地下2階から4階まで自由に見学できる。船内には、昭和30年代の青森駅周辺を再現したレトロな実物大のジオラマ(模型)も設置されている。

 訪れた人は操舵室のかじを握ったり、ガラス越しにエンジンルームを見るなどして楽しんでいた。一般公開は6月10日まで(4月30日を除く月曜日は休み)。大人500円、小中学生250円、小学生未満無料。問い合わせは市商工労政課内の事務局(0897・65・1260)まで。

このイベントは個人的には相当おもしろそうだと思う。
いってみたいなぁ。

PR:古紙回収 千葉
・古紙回収ネットのコラム|関西一円リサイクルフェア

 ◇万博お祭り広場ガレージセール

 20日(日)、27日(日)、6月10日(日)、24日(日)9時半~16時半、万博記念公園お祭り広場(大阪モノレール万博記念公園駅すぐ)。約300店。大人350円、小学生100円。日本ガレージセール協会(06・6362・6322)。
 ◇関西最大級手荷物600ブースEXPOお祭り広場リサイクルフェア

 5日(土・祝)9時半~17時、万博記念公園お祭り広場(大阪モノレール万博記念公園駅すぐ)。約600店。大人350円、小学生100円。日本ガレージセール協会(06・6362・6322)。
 ◇FUNKY MARKET

 3日(木・祝)9時半~17時、万博記念公園お祭り広場(大阪モノレール万博記念公園駅すぐ)。約200店。フードコートやアコースティックライブも。FM802主催。
 ◇服部緑地リサイクルフェア

 6日(日)、6月3日(日)10~16時、服部緑地公園民家集落南広場(北大阪急行緑地公園駅下車から徒歩約10分)。約200店。日本ガレージセール協会(06・6362・6322)。

今日は、雨だけど、
貼れればぜひとも行ってみたいと思う。

PR:古紙回収 千葉
・大阪の不用品回収ネットコラム|4日にかけ東日本、北日本の太平洋岸で大雨

気象庁が3日午前5時に発表した大雨と暴風、高波に関する気象情報によると、東海道沖にある前線を伴った低気圧がゆっくり東に進み、東日本の太平洋側に暖かく湿った空気が流れ込むため、南東側に開けた斜面や沿岸部を中心に激しい雨が降っている所がある。

 この低気圧は4日にかけて東日本の太平洋沿岸をゆっくり進むことから、北日本の太平洋側でも次第に雨が強まる見込み。

 3日は東日本と北日本で、4日は北日本で、それぞれ太平洋側を中心に、雷を伴い1時間に40ミリ前後の激しい雨が降る。

 4日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、東北太平洋側で250ミリ、関東甲信地方で150ミリ、北海道地方で120ミリ、東海地方で80ミリの見込み。

 海上では非常に強い風が吹き、大しけとなる所がある。

今日はGWも中日ということで、暇になるはず。
そして、この雨のため、粗大ゴミの処分だったり、不用品の回収などの案件もほぼ皆無になると思われる。
まぁ、こういう日もあっていいとおもうので、
問題ないけどね。

PR:不用品回収 大阪
・ゴミ回収ネットコラム|クールビズ:県、前倒しで 夏の電力逼迫見据え--生駒市も /奈良

夏の電力需給逼迫(ひっぱく)を見据え、県庁は1日、ノーネクタイなど「クールビズ」を1カ月前倒しで始めた。従来は6~9月だったが、今年は「まほろばエコスタイル運動」と銘打って5~10月に前倒して延長。昼休みの消灯などこまめな節電を庁内で徹底する他、家庭の節電アイデアを公募するなど啓発活動にも力を入れる予定だ。
 早速ノーネクタイ、半袖で仕事をしていた県環境政策課の酒井和雄係長は「できることから取り組みたい」と話した。
 一方、生駒市職員の夏季軽装(クールビズ)も1日、始まった。昨年より8日早いスタートで、10月31日までの半年間、職員は上着非着用、ノーネクタイを原則とする。
 奈良地方気象台によると、奈良市の最高気温が平年より1・9度高い24・7度まで上がるなど、県北部は比較的暖かい日になった。生駒市役所では、半袖で仕事をする職員も見られた。

いいことだと思う。
お役所仕事とかいうけども、
そこが文化の防波堤。
だけど、そこから始める気持ちがないと、
全然先にはすすまないもんな。

PR:不用品回収 大阪
・ゴミ回収ネットコラム|エコスタイル:県庁、企業で“節電の夏”へ /徳島

 5月がスタートした1日、県内の官公庁や企業では、節電を目的にノーネクタイ、上着なしなどの「エコスタイル」による業務が始まった。今夏の電力需給について四国電力は既に厳しい見通しを示しており、今年も“節電の夏”がやってきそうだ。【阿部弘賢、加藤美穂子】
 ◇昨年より前倒しで開始
 県庁では「夏のエコスタイル」が始まり、多くの職員が上着やネクタイを外して出勤した。カジュアルな服装も推奨されたことから、藍染めのシャツや色付きのポロシャツにチノパン姿の職員もおり、「今日は湿度が高そうなので、仕事の効率も上がりそう」との声も聞かれた。
 県は今年、節電の取り組みを強化。従来6~9月に採用していたエコスタイルを前後の5月と10月にも拡大し、本格的な夏場には、始業時間などを早める「サマータイム」も導入する方針。また、太陽光発電の導入など「創エネ」や「畜エネ」を合言葉にしたキャンペーンで県民にも節電をPRする。
 県環境首都課は「エコスタイルを職員が先取りし、県民にも省エネや創エネの取り組みを促していきたい」と話している。
 ◇行員、さわやかに接客
 一方、阿波銀行でも夏場の電力使用量を抑える「夏のエコスタイル運動」が始まり、男性行員は上着やネクタイを着用せず、女性行員は半袖のシャツに紺のベストといった軽装で接客業務にあたった。全店で10月末まで、エアコンの設定温度を原則28度にするなどの節電対策に取り組む。
 運動は地球温暖化防止を目的に03年から始めたが、昨年は東日本大震災に伴う電力事情を考慮して5月9日からに前倒しし、今年は更に早めた。本店営業部の新濱克典部長代理は「夏服になると気分が変わる。店内のさわやかな雰囲気作りや扇風機の活用を心がけ、更なる節電を目指したい」と話した。
 また、徳島銀行でもこの日、例年より1カ月前倒しで行員のノー上着、ノーネクタイの取り組みを始めた。

正直、一足とは言わず、
相当早くからネクタイを締めずに仕事をしている当方にとって、
はっきり言って、ネクタイの必要性はほぼ皆無かとおもう。
イメージや、しっかりしてそう、などの服装からもちろん始まる礼儀もあるが、
それより重要な事を忘れてきた文化が多いから、今問題が噴出しているようにも思う。

PR:不用品回収 大阪
経済とエコ・リサイクルをテーマにした小コラムです。

・打って終わるビジネスと、売ってから始まるビジネス

パナソニック、シャープなど3社の赤字地獄の元凶は「テレビ」である。“家電の王様”としてメーカーの顔であり、手放すことができない製品だが、それが足を引っ張った。言うまでもなく、テレビは“売り切り型”である。

 どこのオフィスにもあるコピーやファクシミリなどの機能を備えたデジタル複合機。これには売った後にトナーというビジネスがくっついてくる。だから機械はリースでもいい。トナーでもうかるのだ。

 こういうものがテレビにはない。新製品を開発し、莫大(ばくだい)な投資をして生産体制を構築し、さてこれからとなったときに待っているのは、それ以上のスピードで変わってしまった環境だ。

 韓国や台湾メーカーがすさまじい勢いで追い上げ、手に追えない速さで販売価格が低下。その結果が売るほどに赤字が増えるという地獄である。そして残ったのは不要になった工場と巨額の投資負担…。

 人件費や円高など、トータルな生産コストを考えると、もはや日本ではこの“売り切り型”のビジネスは終焉(しゅうえん)にさしかかっているのかもしれない。赤字3社は新たな事業を育成するのが急務だが、いかに「メンテナンス」を取り込めるビジネスを開拓するのか。そこに注目したい。・・・

-----------------

いわゆるリサイクルは、
まさに打った後のビジネスの代表選手といえるかもしれない。
売ってそれで終わり、という時代は、社会が上向きな状態、
または、圧倒的な技術や商品力により実現されるものだ。
現在その力はない。
ならば、リサイクルやエコといった循環を前提としたビジネスの、
良き面を学び役立てることが重要だと思う。

PR:不用品回収 大阪
エコ、リサイクルなどの最新情報を独自の観点でまとめます。

・パナ、シャープ、ソニー“赤字地獄” 売り切り型ビジネスの限界

パナソニック7800億円、シャープ2900億円、ソニー2200億円-。大手電機3社が平成24年3月期に巨額の最終赤字に転落する。惨憺(さんたん)たるありさまである。

 そして3社ともそろってトップが交代し、新体制での再起を図る。理由はどうあれ、現社長の“引責辞任”の色は消せない。

 これに対し、日立製作所2800億円、三菱電機1千億円、東芝650億円-。こちらの大手3社は黒字の見込みで、堅調さが目立つ。赤字3社とは対照的だ。日立にいたっては過去最高利益である。

 この違いは何なのか。赤字3社がいわゆる弱電系であるのに対し、黒字3社は重電系で、社会インフラを事業として有している。明暗が分かれた理由の1つはここにありそうである。

 平たく言えば、弱電系の製品は“売り切り型”である。売ってしまえば、それで終わりだ。一方、インフラ系の製品は販売後、「メンテナンス」というビジネスがくっついてくる。つまり、売った後も稼げるのだ。・・・

------------------

売り切り型の制反対が、循環型といえるのでしょうか?
高度成長時代は、恐らく考える必要がなかった、
製品のその後。
今は、そこを大事にすることが成功のカギを握る時代です。
成長が止まった今、1回転では限界があります。
そこから、2回転、3回転をさせるリサイクルや、
環境ビジネスこそ、新しい可能性秘めると思います。

PR不用品回収 大阪
「照明メーカー「エコリカ」の蛍光灯型LED」

今、照明の話題で「LED」(発光ダイオード)という言葉に関心のない人は、まずいない。
東日本大震災以後、節電意識の高まりで、LED市場は急成長し、
省エネ性に優れた照明として生活に密着し始めている。
それだけに業界内では価格面と品質面で激しい競争を繰り広げて、各メーカーが生産・販売面でしのぎを削っている。

 こうしたLEDの市場競争下で、品質を向上させた新商品を生み出したり、
海外との提携で価格競争力をアップさせるなど果敢に挑戦するメーカーがある。
照明メーカー「エコリカ」(大阪市浪速区)は、今年3月末から蛍光灯型LEDの新商品の販売を量販店などで始めた。

 従来の蛍光灯と比べ約10倍の長寿命で、
消費電力も約40%削減でき、蛍光灯の交換を大幅に減らせる優れものだ。
同社は「低消費電力や、最高水準の演色性(ものの見え方の指標)を併せ持った
業界トップクラスの直管形LED照明」(広報担当者)と自信を見せる。
さらに、既存の器具をそのまま使用して導入コストを大幅に抑えることができる仕組みで、
紫外線など人体に有害な波長がほとんど発生しない。
また、有害物質を含まずリサイクルが可能な材質を使用し、
性能だけでなく構造そのものも環境に優しい商品となっている。

-------------------

エコであることや、エネルギーをなるべく使わない商品が大切になりつつある。
商品を発売するとき、そして消費者が買うときに、
その性能、見た目以外にも、エコかどうか、エネルギーの消費量は少ないかなど、
新しい指標が重要になっている。
この方向性を進めることについは疑問がないのなら、
その方向にこそ進むべきと思うのは、自分だけなのだろうか?

PR:不用品回収 大阪
エコやリサイクル関連の情報まとめの記事です。

-ニュースより-
震災がれき処理問題で、市民団体などが26日、鈴木英敬知事に対し、
がれきを受け入れないよう求める要望書を提出した。
団体は、福島県の母子を伊勢志摩に招く活動をしている
伊勢市の「ふくしまいせしまの会」(上野正美代表)と同会に賛同する11団体。
県廃棄物・リサイクル課に提出した要望書で「何百万トンものがれきの放射能を正確に測ることができるのか。
がれきを受け入れる予算があるなら、福島の人たちを県内に受け入れて」と主張している。

--------------------

上記の記事は、震災がれきを三重が受け入れるという話についてだけど、
この震災がれきは相当に大きな問題だと思うし、これから現代社会の生活の
便利さや恩恵を受ける人たちみんなで受け入れ、考えていかないといけない問題だと感じる。
環境問題、リサイクルの問題というより、むしろ現代社会自体の大きな問題であると思う。

PR:不用品回収 大阪
リサイクル関連の情報まとめをお送りましす。

-ニュースより-
15年ほど前、いくつかの製紙工場を見学させていただく機会に恵まれました。
再生紙の作り方に関心があったので、とても面白く興味深く拝見しました。

工場によって機械や工程が微妙に違うこともあるのですが、
どこの工場でも問題になるのは「異物混入」でした。
再生紙を作る際の異物混入というと、
多くの方がホチキスの針を思い浮かべます。
が、当時見学した工場ではどこも「再生紙は原料の古紙を大きなプールでドロドロに溶かし、
そのとき針などの金属類は下に沈むので取り出しやすいんです」と教えてくれました。

しかし、当時ネット上を検索すると、ホチキスの針ははずして出してくださいという記事が多く目に付きました。
工場の機械によっては針はダメ、というところもあったのかもしれません。
05年あたりから針付きでも大丈夫、という記事もチラホラ見かけるようになりましたが、
それでも「付いてないにこしたことはない」という記事も混在していました。
うーん、何が一番いいのか、私はちょっと悩み続けていたのです。

しかし13日、ヨミウリ・オンライン「新・おとな総研」に
「古紙回収、ホチキス付きでOK」という記事が掲載されました!
おお、これで「針をはずさなくてもいいんですよ」と言えますね!!
-------------------------------

リサイクルは、資源の循環です。
紙に限らず、使われなくなった製品から原料を取り出す際に、
機会を通したり、人の手により仕訳が行われます。
その手間を経て、リサイクルは成立します。

PR:不用品回収 大阪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。